2014年10月08日

サラ・オレインの新アルバムは素晴らしいです

サラ・オレインさんのセカンド・アルバム「SARAH」が、9月24日に発売になりました。



SARAH(初回限定盤)(Blu-ray Disc付)
(アマゾン)

【送料無料】[枚数限定][限定盤]SARAH(限定盤/Blu-ray付)/サラ・オレイン[SHM-CD+Blu-ray]
(楽天ブックス)

私は発売前に、今回は今回は楽天で予約申し込みをしていまして、送られてきました。

サラ・オレインさんは、あのテレビの関ジャニの仕分け∞でも連勝中ですし、ファースト・アルバムも数ヶ月前に買いまして、聞いていましたので、期待をして聞きました。

サラ・オレインさんのセカンド・アルバムの「SARAH」は、私の個人的な感想ですが、素晴らしい出来映えになっていると思います。

今まで、女性の歌手では、サラ・ブライトマンさんや、キャサリン・ジェンキンスさんやヘイリーさんを聴いてきましたが、決して聴き負けしないというのが、私の正直な感想です。

サラ・オレインさんは、3オクターブの音域があると聞いていましたが、サラ・ブライトマンにも負けないかと思われるくらいの高い音の声も出ています。

素晴らしいです!

音程はしっかりとして安心して聴いていられて、そして情感も豊かです。
その上、ヴァイオリンも卓越されているようです。



今なら、「サイン会イベント参加券」が付いていて、あと10月11日に兵庫県西宮、13日に福岡の天神、19日に札幌、25日に名古屋、11月2日に埼玉の越谷市でのミニライブとサイン会で、ブックレットにサラ・オレインさんから直接サインをしてもらえます。

アルバムの内容は全14曲で、CDのみと、2曲のDVD付きかブルーレイ付きの3種類があります。

ところで先日、インターネットで東京秋葉原のタワーレコードから、生中継のミニライブを見ました。
「サラ・オレイン&光田康典 トーク&ミニ・ライヴ」で、5曲ほど歌われて、トークも合わせて約30分ほどでした。

ここで出られていた光田康典さんが、今回のサラ・オレインさんのセカンド・アルバムのディレクターだったそうですが、光田さんはゲーム音楽界では有名で実力のある人のようです。

光田さんは、とても忙しい人だそうですが、サラ・オレインさんが光田さんに、ぜひに・・・とセカンド・アルバムのディレクターをお願いされたようなお話がありました。

サラ・オレインさんの日本での歌のとっかかりが、ゲーム音楽だそうで、数年前からの光田さんとの親交だそうです。

光田さんがディレクターをされたこともあるのか、また今回のサラ・オレインさんのセカンド・アルバムは、実際のコンサートホールを使って録音されたようなことも記事で読みましたが、バックの演奏の音も構成もとても素晴らしいと思います。

ちょっと長くなってきましたので、続きは次の記事にさせていただきますね。


posted by 白うさぎ at 10:59| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月11日

サラ・オレイン ミュージカルスターと3番勝負E

7月5日夜のテレビ、関ジャニの仕分け∞2時間SPで、サラ・オレインさんが、実力のあるミュージカルのトップスター3人とのカラオケ得点対決3番勝負を行いました。

続きになります。

濱田めぐみさんは、舞台でも本番になると、役を演じることに入りこむのだそうです。

今回の歌、「I DREAMED A DREAM」についても、作戦はなくてまっすぐにやるしかない。
今緊張はマックスだそうです。

さて濱田めぐみさんの歌が始まりました。
予想通りに圧巻の歌唱力と表現力で、音程も加点も進んでゆきます。

加点回数も34回となりました。

そして、得点は?
さすがに素晴らしい97.097点の高得点です。
音程の正確率は93%、抑揚も10ポイント中8ポイントとなりました。

サラ・オレインさんも驚きの表情です。
この高得点を超えるのは大変で、プレッシャーがかかります。

さて、サラ・オレインさんの作戦は、このミュージカルの曲は表現力が大切で、声を抑えるところと、声を張るところをミックスしようとのことです。

さて、サラ・オレインさんの透き通る裏声とエンジェルボイスが美しく、使い分けた地声の力強さもあり、抑揚もついて、見事な仕上がりです。
加点回数もどんどん増えて、なんと61回となりました。

歌い終わったサラ・オレインさんの感想は、今までで一番緊張したかもしれない・・・とのことでした。
濱田めぐみさんも、「素敵ですね。サラ・オレインさんが歌い始めると、ふっと空気も変わるし・・・。」

そしていよいよサラ・オレインさんの得点です。
なんと、濱田めぐみさんの高得点をさらに上回る97.607点となりました。
すごいです。

サラ・オレインさんの音程正確率は、濱田めぐみさんの93%をさらに上回る95%で、抑揚のポイントは同じく10中8ポイントでした。 加点ポイントも多かったですね。

関ジャニのメンバーの感想も、「この局面でこの得点を出すのは、やっぱりMay J. (メイジェイ)に勝った人やわ。すごいわ。」とのことでした。

これでサラ・オレインさんが6連勝を達成です。
さらにどこまで連勝を伸ばすのか、また次の対戦が注目ですね。

ところで、サラ・オレインさんの待望のセカンド・アルバムは来月8月の27日に発売の予定で、今すでに予約もできるそうです。

タイトル未定(初回限定盤)(Blu-ray Disc付)

それからMay J. (メイジェイ)さんの新しいCDの情報です。



来月の8月13日にMay J. (メイジェイ)さんの6枚目のシングル「本当の恋」が発売される予定で、今予約受付中だそうです。

オリジナル曲ばかりの4曲で、「本当の恋」は、7月10日夜に始まりましたTBS系木曜ドラマ劇場『同窓生~人は、三度、恋をする~』の挿入歌になっています。


それにしましても、この関ジャニの仕分け∞では、カラオケの機械での採点の得点のことですから、勝つこともあり負けることもあるでしょう。

出演されている人は勝ち負けが決まるので大変でしょうけれど、心に響く美しい歌声をまた楽しみに聴かせていただきたいものですね。

それでは、今回の連載はここまでになります。
もし読んでいただいたのなら、本当にありがとうございました。
それではまた。

posted by 白うさぎ at 22:43| Comment(0) | テレビの話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月10日

サラ・オレイン ミュージカルスターと3番勝負D

7月5日夜のテレビ、関ジャニの仕分け∞2時間SPで、サラ・オレインさんが、実力のあるミュージカルのトップスター3人とのカラオケ得点対決3番勝負を行いました。

続きになります。

サラ・オレインさんの今回の3人目の対戦相手は、濱田めぐみさん。
劇団四季の看板女優をされたあと、今もミュージカルで活躍され、ミュージカル界の至宝とも言われているそうです。



パワフルな声量と歌唱力。表現力豊かなハイトーンボイスが魅力です。

さて、濱田めぐみの履歴ですけれど、1972年8月に福岡県北九州市生まれの41歳。
地元の高校を卒業後、東京の舞台芸術学院に進学して卒業。

1995年12月に劇団四季のオーディションに合格し、3ヶ月後の公演の「美女と野獣」のヒロイン役に選ばれ、その後「ライオンキング」のヒロイン役。
その後、「アイーダ」「ウイキッド」等の多くの公演で活躍され、2010年の12月に15年間在籍された劇団四季を退団。

今もミュージカルを中心とした舞台で活躍中だそうです。
この番組に出演の前にも3時間の舞台をこなされてきたパワフルさです。

ところで、今回の課題曲は、「I DREAMED A DREAM(夢やぶれて)」(レ・ミゼラブル、スーザン・ボイル、2009年)です。



ブルーレイも手軽に買える価格になりましたね。

さて、この曲はパワフルな声量と表現力が必要で、裏声とやさしい歌い方のサラ・オレインにとっては厳しい曲かと思われます。

とても印象的な素晴らしいメロディーの曲ですが、私個人的には聴いていますと身につまされて、ややつらくなったりしますけれど・・・。

また長くなりますので、続きますね。


posted by 白うさぎ at 22:16| Comment(0) | テレビの話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
TOP
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。