2012年10月11日

こんな芸能人を見かけましたB

さて、同じ15〜16年前のお話です。
同じく東京の吉祥寺の駅前での出来事です。

自分の用事をすませて、吉祥寺駅に戻ってきました。
駅の北側で、東京都議員選挙の候補者の演説があるように書いてあります。

応援演説が、民主党の菅直人さんです。
時間が、もうまもなくのようで、急ぐわけではありませんので、そのまま待つことにしました。

しばらくして、その駅前に大型のバスのような車が来ました。
屋根の上で演説をするようになっている車ですね。

そこに、その時の都議選の候補者と菅直人さんが立っておられて、その候補者と菅直人さんが、それぞれ演説をされました。
当時、菅直人さんは、笑顔が素敵で、けっこういい男だと思いました。

そして、演説が終わって、お二人が車から降りてこられ、応援に集まっている人達と握手を始められました。
丁度、私もその中に混じっていました。

だんだんと菅直人さんがそばまで来られました。
そのどさくさに紛れて、私も手を出して、握手をしてもらいましたよ。

たったそれだけのことでしたが、あの有名な菅直人さんと握手が出来た・・・と、とても良い思い出になりました。

それから、次が比較的新しいのですが、野村克也さんが楽天の監督をされる直前のことです。
野村克也さんが、ご自分の本を出版されました。

大阪梅田の紀伊国屋書店で、人数限定で、この本を買った人にサイン会の参加整理券がもらえる・・・とのことで、本を買いました。 (本の中身はあまり読まなかったですけれど・・・)

後日のサイン会の指定時間に、特設コーナーに約100人くらいの整理券と本を持った人が集まりました
そして、いよいよ野村克也さんの登場です。

あの笑顔で、にこやかな人ですね。
私も順番に並んで、本にサインをしてもらいました。
この時は、たいがいどの人も特に握手はしてもらってなかった・・・と思います。

野村克也さんは、その時もけっこう顔に大きめのシワが目立ったりして、大分年をとっておられるように感じました。
これから、監督の激務をされるのに、体力的に大丈夫かな・・・と思ったりしたものでした。

でもその後、楽天の監督も無事に全うされて、今でもテレビのスポーツニュースの番組にもよく出演されています。

今は楽天の名誉監督なんですよね。
野村克也さんは、まだまだお元気です。

ところで、私はこの5年間ほどのお勤めで、お昼には、大阪なんばの吉本さんのすぐ近くのマクドナルドにいつも行っていました。
それで、道を歩いていても、吉本の芸人さんを、たまにですが見かけましたですね。

また、近くに黒門市場もありまして、けっこうこの界隈は、芸能人がレポートをするようなテレビ撮影をしているのを見かける回数も多かったです。

一般の人と違って、目立つのが芸能人のお仕事ですが、それぞれがんばっておられました。
関西ではおなじみの、”ぼよよん”のおねえちゃんも見ましたよ。

今回の芸能人のお話はこんなところで・・・。
あなたもいろんな芸能人や有名人にお会いになっていることでしょうね。
それではまた。

posted by 白うさぎ at 22:32| Comment(0) | 芸能人の思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月10日

こんな芸能人を見かけましたA

それから次は、27〜28年位前のことです。
私がグアムへ行った時のことです。

確かお正月の休みだったと思います。

私は、結構大きなホテルに数日滞在しました。
そのホテルのショップで、テレビ等で見て知っている女性を見つけました。

奥村チヨさんでした。
彼女は、おとなしそうな人ですね。

奥村チヨさんは、それまでに、「ごめんネ・・・ジロー」「恋の奴隷」「恋狂い」「恋泥棒」「終着駅」等の大ヒット曲がありましたです。

そして、1974年に浜圭介さんと結婚され、芸能界の第一線を一度引退。
1980年頃から、歌手活動を再開されて、現在も歌手活動を続けておられるようです。

その時は、奥村チヨさんが、その歌手活動を再開されて、しばらくした頃になるようです。

ところで、そのホテルは海のそばに建っていたのですが、ちょっとしたプールもあったような記憶があります。
そのプールの周りにあったビーチベッドで談笑する、テレビで司会もするような有名な男性とご家族を見かけました。

さっき、お名前を思い出しました。 ジェリー藤尾さんでした。
この少しあとで、奥さんの渡辺トモコさんと離婚されて、その後、テレビで見かけなくなってゆきました。

ウィキペディアで検索しましたら、今年齢は72歳で、リサイタルやディナーショー、福祉活動等で活躍されておられるようです。

さて、次は今から15〜16年前のお話になります。
その頃に私は用事で、何回か東京の吉祥寺に行くことがありました。

吉祥寺の駅から南へ15分ほど歩きますと、テニスコートのある運動公園のような所があります。
そこを通って私一人で、少し離れました西のバス道の方へ歩いていた時のことです。

前方から、一人の男性がジョギングをして、私の方へ走ってきました。
時々ボクシングをするようなポーズが見えたような気がします。

その男性が私とすれ違う時に、私に向かって、笑顔で手をあげて、”おはよう!”と挨拶してくれました。

あの顔は・・・?
そうです。 ガッツ石松さんでした。

見ずしらずの私に、満面の笑顔で挨拶をされる姿を思い出しますと、今でも何かうれしくなります。
一瞬で、人の心をつかむ術(すべ)を知っておられるのですね。

さすがに、たいしたものだ・・・と思います。
もう少し続きますね。  ではまた。

posted by 白うさぎ at 22:00| Comment(0) | 芸能人の思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月09日

こんな芸能人を見かけました

どれも古いお話なんですが、書いてみます。

おおよそ40年近くも前のことになります。
横浜の会社の寮に住んでいた時に、会社の同期の友人と二人で東北へ旅行に行きました。

弘前や青森、十和田湖、八幡平等を楽しんで、盛岡から仙台へ戻る特急は奮発して、グリーン車に乗りました。

途中から通路を隔てた反対側の席に、がやがやと賑やかな数人の男性達が乗り込んできて、座りました。

誰かと思ってみますと、北島三郎さんでした。
マネジャーとおぼしき人達と一緒でした。

まだ北島三郎さんも若い頃ですが、けっこう周りを圧するような気迫みたいなものがありました。

言葉を変えますと、何かあつかましいようなリーダーっぽい感じ・・・とでもいいましょうか。
その後、あそこまで、演歌界の大御所になられるとは思いませんでした。

何か、ちょっと偉そうな感じは、当時もありましたですね。

さて次は、30数年前のことです。
私がインドネシアのスラバヤという町に会社から出向で行っていた時のことです。

(この頃のお話はまた後日に何回かにかけて、書かせていただこうと思っております。)

その町の郊外に、ちょっと高級なプールがありまして、時々お休みの時に行っていたのです。
インドネシアでは、貧富の差が大きくて、現地の人はあまり来ないプールでした。

当時、民放のニュースキャスターで、早い目にリタイアされた男性がおられたのです。
けっこう有名な人でした。

その男性をそのプールで、数回間近でお見かけしました。

当時、おいくつ位でしたでしょうか?
45歳から50歳くらいでしたでしょうか。

ちょっとお名前は忘れました。  確か帰国後に、この人が出版された本を買いまして、今でも本棚のどこかにあるのですけれど。
本には、インドネシアでの生活の楽しさを書いておられました。

いつも若い現地の数人の女性達と一緒でした。
彼女達と笑って話をされていました。

勿論インドネシア語での会話です。
インドネシアの生活をエンジョイされていたのですね。

いつも笑顔で楽しそうでした。
その後は、テレビではお見かけしないですね。

今回はこんなところで。 もう少し続きますね。

posted by 白うさぎ at 23:19| Comment(0) | 芸能人の思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
TOP