2013年08月31日

健康寿命を伸ばすポイント(3)

8月27日の夜のテレビ「たけしの健康エンターテインメント、みんなの家庭の医学」で、健康寿命の長い県の全国1位が静岡県・・・という話題がありました。

とても興味深い内容でした。 さらに続きを書かせて頂けたらと思います。

先ほどの三人の名医の中の、日本臨床外科学会理事長の藤野圭司先生のお話では、ジョギングやジムの運動等はなかなか長続きがしないそうです。

そして、健康寿命を伸ばすために最も大切なのは「継続性」で、静岡県民は無意識に歩くなど、日々継続して運動をしているのだそうです。

さらに健康寿命を伸ばすポイントは、足腰の強さだけではなくて、それを支える骨の強さも大切です。
骨は大人になってからでも丈夫になるのだそうです。

さて、静岡県民に学ぶ骨を強くする方法の一つは骨を作る重要な栄養素の「カルシウム」を沢山摂っていることがあげられます。

静岡県の購入量日本一の「しらす干し」や漁獲量日本一の「桜えび」等はカルシウムを多く含み、お好み焼きや焼きそばに入っていることも多いようです。

さらに骨を強くするためには、カルシウムだけではなくて、「ビタミンD」も必要で、そのビタミンDは体内で作れるのだそうです。

それは、太陽の紫外線を浴びること。
顔と肘から下を出して、10分間程度浴びることで良くて、この時に日焼け止めを塗っては、ほとんど効果がないそうです。

以上がこの番組の内容でして、これから書きますことは、あくまでも私の個人的なことになりますので、よろしくお願いいたします。

私はいつも行きます近くのスーパーで、甘エビの唐揚げがある時には、カルシウム補給・・・と思って、よく買って食べます。

また、私がサプリメントをいろいろと摂らせてもらっています中に、カルシウムがあります。





カルシウムにつきましては、たまたま私はこのDHCのサプリメントを長年摂らせてもらっています。

それと私はカルシウムに対しては、砂糖が良くないと今まで学んできましたので、ずっと甘いものは多く食べないようにしてきました。

砂糖が骨や歯等の体内のカルシウムを奪うようです。

一方の身体を動かすことにつきましては、私の場合はシルバー人材センターのお仕事で、週に5日位は自転車にも乗って、体をどうしても使いますので、これもありがたいことです。

さて、健康寿命を伸ばして、いつまでも若く健康であるためには、これ以外にもいろんな要素がありそうですが、今回の番組で指摘されていますように、毎日継続的に身体を動かして、カルシウムも摂り、適度に陽を浴びて、私も元気でやってゆきたいと思い直しているところです。

今回も良い勉強をさせてもらえました。

posted by 白うさぎ at 20:16| Comment(0) | 健康の知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月30日

健康寿命を伸ばすポイント(2)

8月27日の夜のテレビ「たけしの健康エンターテインメント、みんなの家庭の医学」で、健康寿命の長い県の全国1位が静岡県・・・という話題でした。

とても興味深い内容でした。 続きを書かせて頂ければと思います。



三人の名医が言われます、健康寿命を伸ばすポイントは「足腰を鍛える」ことでした。

足腰を鍛えることで、心肺と認知機能を若々しく保ち、健康寿命が伸びることになるようです。

その足腰の強さは、主に次の3つの筋肉が関係しているのだそうです。
ふくらはぎの下腿三頭筋、太ももの大腿四頭筋、おしりの臀筋の3つです。

この3つの筋肉のバランスを取ることが大切で、それでしっかりと歩くことができます。

この筋肉バランスを測るのに、足を揃えて立って、そこからできるだけ大きく2歩を踏み出して、その長さを測る方法があります。
静岡の平均70才の20名の人がこの方法で計測されました。

この20名全員が実年齢よりも2歩の距離が長く、若い筋肉バランスを持っておられることが分かりました。
また、全員骨密度も高く、若いのだそうです。

一般的に日本人の10人に1人が骨粗しょう症の傾向があり、特に女性は50才前後から骨密度が下がる傾向があるようです。

さて、静岡県の人の筋肉の強さは、よく歩くことや自転車を使う人が多かったり、サッカー等のスポーツも盛んなことによるようです。



特に自転車は、自転車道も整備されていて、その総距離は北海道に次いで全国2位で、また日本一長い60kmの自転車道もあります。

また、ヤマハ発動機等の大きな敷地の工場も多く、無意識の内にウオーキングをしている人が多いようです。



また長くなり、続きは明日に書かせていただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

posted by 白うさぎ at 22:52| Comment(0) | 健康の知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月29日

健康寿命を伸ばすポイント(1)

8月27日の夜のテレビ「たけしの健康エンターテインメント、みんなの家庭の医学」で、健康寿命の長い県の全国1位が静岡県・・・という話題がありました。

とても興味深い内容でした。放送されていました内容と、少し私の個人的な意見も書かせて頂けたらと思います。

そもそも「健康寿命」とは何でしょうか?
調べてみましたら、「日常的に介護を必要としないで、自立した生活ができる生存期間のこと」・・・とありました。

2012年の厚生労働省の統計では、日本人の健康寿命は男性で、70.42才。女性で73.62才となっているようです。

一方、平均寿命は2011年でWHOによりますと、日本人男性は79才で世界で12位、女性は86才で世界で1位のようです。

長く生きられても、介護を受けなければ生活できないようでは、つらいですよね。

私自身が日本人の健康寿命の平均年齢まで、あと数年間かしかないことに驚きます。
でも、私は健康で自立してまだまだやってゆきたいものだと思っています。 

ところで、静岡県が健康寿命が長いのには、大病をあまり患わない、筋肉の衰えが少ない、認知症が少ない・・・等のポイントがあるそうです。

そして、3人の名医から「健康寿命を伸ばすのには何が最も大切なのか」のお話がありました。

先ず、心臓の名医で循環器内科の葉山ハートセンター副院長の佐竹修太郎先生は、「脳、心臓(の健康)と、足腰の歩く力」・・・とのお話でした。 
足腰を鍛えることは、心臓の働きを助ける。心臓を長持ちさせるという意味でも非常に大事・・・とのことです。

次は認知症の名医で国立長寿医療研究センターの遠藤英俊先生は、「生活習慣病の予防と足腰を鍛えることが、脳にも良い影響を与える」・・・とのお話です。

そして、日本臨床整形外科学会理事長の藤野圭司先生は、「自立して生活できるのは、動いて歩く。その元になるのが足腰。足腰を鍛えることは内臓への刺激となり、脳への血液循環も良くなる」・・・とお話されています。

三人の名医に共通する、健康寿命を伸ばすポイントは、「足腰を鍛える」・・・です。

この三人の先生は、健康寿命を伸ばすことに関する本は出されていないようでして、検索しましたら次の二冊が目につきました。





尚、長くなりますので続きはまた明日に書かせていただきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

posted by 白うさぎ at 20:28| Comment(0) | 健康の知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
TOP
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。