2015年06月19日

サラ・オレインさんの4月の新アルバムのこととかA

サラ・オレインのビルボードライブライブ大阪のライブのお話の続きです。



私の相席の人は、熱狂的なファンの40代の男性お二人と、初めてライブに来られたという比較的お若い女性でした。

夜の2回目のライブだったのですが、男性のお二人は午後にあった1回目のライブも見られたとか・・・。
さすが、大ファンは違いますね・・・。

ただ、サラ・オレインさんのライブはよく若い人のライブであるような、手を振り上げたり、また特に会場がビルボードですので、見ている人が立ち上がったりとかもなく、落ち着いたものですので、私向きです。

サラ・オレインの歌自体がしっとりと聴かせてもらう曲ですし、彼女の人柄ですし・・・。

サラ・オレインのライブは約80分で、ぶっ通しです。
ビルボードは他のライブもだいたいこんな感じなのでしょうか?

サラ・オレインさんのお得意のヴァイオリンだけの小曲も3曲ほど披露されました。
かなり高音の技巧が要求される曲もありましたが、さすが・・・のヴァイオリンの演奏でした。

サラ・オレイン一人でのピアノの弾き語りも1曲ありました。
説明が遅くなりましたが、演奏はピアノの女性とギターの男性のお二人です。
それ以外の演奏の音もあったと思うのですが、それは先に録音されているものを使われているのでしょう・・・。

アンコール曲は、会場の舞台から見て左後方からサラ・オレインさんが入ってこられて、会場の後ろの方を横切ってから舞台に出てこられました。

その曲が、だいぶ前にヒットした映画で一躍有名になった名曲でしたですね。
歌いこなすだけで大変だと思うのですけれど、さすが・・・と感じさせるプロのレベルですので、素晴らしいです。

サラ・オレインさんって、元々ヴァイオリンは専門的に勉強されて、コンクールなんかでも受賞されている・・・とかお聞きしていますけれど、歌手を目指しておられたのではないのに、その歌のレベルが超プロレベル・・・って、普通はあり得ない話だと思います。

作詞・作曲や翻訳もされるし、音楽を中心としていろんな才能が備わった天才・・・なんでしょうね・・・。

また、長くなりましたので、続きはまた明日にもう少し書かせていただきたいと思います。
ではまた。

posted by 白うさぎ at 11:28| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

TOP
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。