2014年07月07日

サラ・オレイン ミュージカルスターと3番勝負A

7月5日夜のテレビ、関ジャニの仕分け∞2時間SPで、サラ・オレインさんが、実力のあるミュージカルのトップスター3人とのカラオケ得点対決3番勝負を行いました。

続きになります。

サラ・オレインさんも、島田歌穂さんの高得点に、プレッシャーで頭の中が真っ白。
かなり緊張している・・・とのことでした。

さて、サラ・オレインさんの作戦は、息継ぎを少なくして、フレーズを長くし、ロングトーンを伸ばしきる・・・というものです。

そして、サラ・オレインさんの「聖母たちのララバイ」の歌の番です。
サラ・オレインさんは、この歌も抑揚をつけた正確な歌声が素晴らしいです。

歌に心もこもっています。

次々に加点回数が増えてゆきますが87回となり、島田歌穂さんの94回には及びません。
ただ音程ミスはわずかに2回でした。

そして、いよいよ得点の発表です。
なんと、97.982点で、島田歌穂さんの96.126点をだいぶ上回りました。

すごいです!

音程の正確率は島田歌穂さんの92%を上回る93%。
抑揚も10ポイント中8ポイントで、島田歌穂さんの6ポイントを上回りました。

お二人の分析レポートによりますと、サラ・オレインさんは、加点回数では下回ったものの、音程正確率を抑揚のポイントで上回ったために、サラ・オレインさんの勝利となったようです。

島田歌穂さんも、「大納得です。あれだけ正確に合わせてきちっと歌ってらしたので・・・。でも、うれしかったです。対戦させていただいて、ありがとうございます。」・・・と称賛の言葉となりました。

いや、サラ・オレインさんって、大先輩の歌手達を相手にカラオケの得点ですが、勝てるって大したものだと思います。

それにしましても、この番組の企画って、次々と実力のある歌手達と対戦させて、「試練」・・・とか言っていますけれど、サラ・オレインさんにもきついところがあるな・・・と思わされます。

ところで、お二人目の歌手は劇団四季出身の実力派の石井雅登(まさとう)さんです。
続きは明日に書かせていただきますね。


posted by 白うさぎ at 18:18| Comment(0) | テレビの話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

TOP
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。