2014年05月25日

サラ・オレイン圧巻の歌唱力で連勝!

5月24日夜のテレビの「関ジャニの仕分け∞」は、後半がサラ・オレインのカラオケ得点対決の2番勝負でした。

5月3日のこの番組のカラオケ得点対決で、May J.(メイジェイ)さんの連勝を26でストップした、サラ・オレインさんの歌の実力を問われる対戦となりました。



私もとても感動しましたので、自分なりにまとめてみたいと思います。

この前に初めて勝ったばかりのサラ・オレインさんに、どうみてもこの歌の世界といいますか、業界ですでに長く活躍している実力派の歌手を二人ももってくるという、いささかきつい対戦に思われました。

それだけに、見ている我々もサラ・オレインさんが大丈夫だろうか・・・というハラハラ・ドキドキ感がありましたね。

さて、お一人目はミュージカルの本場のニューヨークのブロードウェイの現役の実力派女優の、キャリー・アンダーソンさんでした。



キャリー・アンダーソンさんは、ディズニー・オン・クラシックでも、「アナと雪の女王」のエルサ役に抜擢されている本物歌手です。

ディズニー・オン・クラシック 2014のコンサートもこの秋に日本全国31都市で開催されるそうです。
(そのチケットも6月の21日から発売が開始されます。)

課題曲は、前回のMay J.さんの時と同じ、「Let It Go」でした。

この曲もキャリー・アンダーソンさんの持ち歌で、「この対決は私が絶対に勝つわ」・・・というつもりで来られていて、それで当然だと思います。

キャリー・アンダーソンさんの、「Let It Go」は、さすがに納得のプロの歌唱力でした。

そして、カラオケの点数は94.074点で、ご本人もアメリカからやって来られた時差等の関係もありますが、まずまず悪くない点数だとのことでした。

そして次はサラ・オレインさんの歌う番になりました。

ご本人は、「ものすごいプレッシャーがあります。またこの歌を歌えると思っていなかったので、この嬉しさを音楽で皆さんに伝えたい。」・・・と言って、歌い始めました。

見ている方も、ドキドキしますけれど、サラ・オレインさんの「Let It Go」は、実に見事でした。



そして、いよいよ得点ですけれど、これが驚きの97.992点でした。
この時点で番組歴代3位の高得点を叩き出しました。 すごいです。

分析レポートによりますと、音程正確率が94%で、キャリー・アンダーソンさんの85%を上回り、さらに抑揚のポイントでサラ・オレインさんが加点された回数が67回で、キャリー・アンダーソンさんの41回を上回ったとのことです。

キャリー・アンダーソンさんも「すごく良かった。音程を見事に合わせて歌えていた所が素晴らしい。」とサラ・オレインさんの歌を賞賛されていました。

いやいやすさまじい対決でしたね。

長くなりますので、続きは明日に書かせていただきますね。

posted by 白うさぎ at 23:39| Comment(0) | テレビの話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

TOP
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。