2014年03月16日

2チェロズ(2CELLOS)の大阪公演に行きました@

2チェロズ(2CELLOS)の今回の2014年日本公演のしょっぱなの大阪公演に行ってきました。



3月6日は大阪のZepp Nambaでした。

私はこのホールは初めて行ったのですが、元々ここはライブハウスだそうです。
聞くところによりますと、何年か前に建て替わって会場の規模が大きくなっているそうです。

Zepp Nambaの収容人数は、1階の可動椅子席(パイプ椅子で、座席番号はその椅子の背中の上に紙が貼ってある感じです)が796席、2階の固定椅子席が440席で、合わせて1,236席でした。

これが、本格的なロックとかで1階がスタンディングの立席になる場合には、1階だけで2,900名もの人が入るのだそうです。

さて、開演の7時の1時間前の6時が開場でして、その少し前に着きました。

入り口の付近に、大きな2チェロズの公演の立て看板でもあるのかなと思って、それを撮りたいなと思い、思い切って来る前に大きな電器店で、新しいカメラまで買ってきたのです。

でも、2チェロズのこの記事の上にありますCDのジャケットと同じだと思われますポスターがちょこっと2枚ほど貼ってあるだけでした。

そして入り口の手前で係の男性が、「荷物の検査をします」・・・と言って、「カバンの中身を見せてください」と言われました。

このホールの今回のやり方を私は知らなかったものですから、素直にカメラを持っています・・・と私が答えましたら、「カメラは持ち込み禁止です」・・・と言われました。

「帰られる時までカメラを預かります」・・・と言われて、番号を書いたカードを渡され、私の買ったばかりのカメラを取り上げられてしまいました。

こんなことになっているのですね・・・。
その代わり、公演の途中でドラムの人が加わってからは、フラッシュは使わなければ、携帯でのカメラ撮影はOKですと言われました。

多分、今の新しいカメラは長時間の動画撮影も出来る機種が多いので、それでカメラは持ち込みを禁止しているようです。

今はそういう時代になっているのですね。

さて私の席は、チケットをウドー音楽事務所の先行予約で買わせてもらいまして、抽選で今回はやや右寄りでしたが、けっこう前の方の舞台に近い席でしたので、とてもラッキーでした。

勿論全席ソールドアウトで、満席でした。

客層は、私のような年配の人は数えるほどで、私よりは比較的年齢の若い男女が多いという感じでした。
また中には家族と一緒来ている小学生位の男の子の姿も見えました。

さて、長くなりますので、あと何回かに分けて書かせていただきますね。

posted by 白うさぎ at 22:09| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

TOP
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。