2014年03月02日

2チェロズ(2CELLOS)の日本公演迫る@

2チェロズ(2CELLOS)の日本公演が迫りました。



昨年夏のドコモのコマーシャルの影武者が私達にはブレイクになりましたね。

実は私個人的には、あの2チェロズの顔と髪の毛を振り乱したガムシャラな演奏は、あの時にはそれほど好きではなかったのです。

でも、昨年の夏に、このコマーシャルがヒットしている頃に、私が親しくしてもらっている人とお話をしている時に、2チェロズのコンサートがあったら行きたい・・・というようなことを口にされていました。

そんなコンサートがあるのかな?・・・と、その時は思っていたのです。

ただ、その時のことをなんとなく覚えていまして、その後にウドー音楽事務所からのメルマガで、2チェロズのコンサートの案内が来ました。

それからもう少しあとで、大阪の追加公演の方の案内が来ました時に先行予約をさせてもらって、チケットを手に入れることができたようなことでした。

最近は、2チェロズ(2CELLOS)のオフィシャルページを見たり、そこからも見ることができるのですが、ユーチューブの映像を見たりしています。

クロアチア出身の二人。
ルカ・スーリッチさんは、26歳。
そして、ステファン・ハウザーさんは、一つ年上の27歳のようです。

共にチェリストとして、素晴らしく優秀でいくつものコンクールで優勝されている経歴の持ち主のようです。

ユーチューブの海外でのライブ映像の中にも、弦楽器の何人かの人と一緒にクラシックでの素敵な演奏を聞かせてくれていますシーンがあります。

私個人的な感想になりますが、チェロでのクラシックとロックやポップスとのクロスオーバーになっているかと思います。
これは、今までにはなかったように思います。

クラシックのきっちりとしたアーティストとして、すでに超一流で、そのベースの上にロック調やポップス調の曲を演奏されるので、素晴らしいですね。

ところで歌の世界のクリシックとポップスとのクロスオーバーでは、私の好みのアーティストとしては、サラ・ブライトマンさんやイル・ディーヴォキャサリン・ジェンキンスさん等が活躍されているようです。

これは実は私が今一番好きな音楽の分野なんです。

クラシックもあり、ミュージカルもポップスもあり、ロック調もあり・・・ジャンルにこだわらずに音楽を幅広く楽しむ・・・というのが、私には合っているようです。

ただ今まで、2チェロズ(2CELLOS)には、あまり馴染みがなかったのですが、こうしてユーチューブで何曲もの映像を見させてもらって、すっかり私もファンになってきました。

2チェロズ(2CELLOS)の日本公演は、3月6日の大阪公演を皮切りに、全国7都市の11公演のチケットはすべて完売しているようです。

もう少し書き足しをさせてもらいたいと思いますので、続きは明日に書かせていただきますね。
それでは。

posted by 白うさぎ at 22:12| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

TOP
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。