2012年06月26日

断食の体験D

それから 私と同時期に他の部屋で断食をされておられた年上の男性は、何か重い病気だったようです。

断食は 健康な時にするのが良いのでしょうけれど、病気からの回復の為にされる人もおられますよね。

ただ、断食がどんな病気にも良いとは限らなくって、断食がかえって良くない病気もあるようですので、もし本格的な断食をされる方は、やはりちゃんとした断食をする場所で、ちゃんとした先生がおられる所で、相談もされてからされた方が良いようです。

そこの健康法の先生が私に言われました。  重い病気の人は、断食をされますと、部屋がくさくてたまらない・・・と。

断食をしますと、体は消化吸収の仕事がありませんので、もっぱら”排出”にそのエネルギーを使うことになります。 今までに体の中に溜まったもの(いわゆる体にとっての不要物・・・毒素とかも言うかもしれませんが・・・)が体から便やおしっこや皮膚や呼吸で外に出てくるらしいのです。

体にとって不要なものって、単に腸の便だけでなくって、細胞の中やそういうミクロのレベルでも不要なものがあるって、何かで読んだような気もします。

勿論一概には言えないとは思いますが、一つの考え方として、病気の中のあるものでは、体にいらないものがたまっていて、そのサインが症状で出たり・・・とも言えなくもないかな・・・とも思えます。

このあたりは、素人の私の書いていることですので、こういうことを考える人もあるよね・・・くらいで読んでください。  また、専門家の方からは お叱りを受けることかもしれませんので、ごめんなさい。 

それと思い出しました。 西式健康法では、”症状即療法”という考え方がありまして、例えば”熱”が出るのは、体の体温を上げることで、体の免疫力を高めて、白血球等が活発に働く・・・といった考え方ですけれど・・・。

”下痢”なんかも、体に不要なものを排出する作用・・・とか。

一つの考え方なものですから、それくらいの気持ちで私も理解をしております。

通常の医療は、出た症状に対して、それを止めようとしますよね。

熱には”解熱剤”。 下痢には”下痢止め”・・・とか。

少しお話しが違うお話しになりました。
続きはまた明日に。 それでは。
posted by 白うさぎ at 20:20| Comment(0) | 私の健康法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

TOP