2012年06月19日

西式健康法とは

今は私は”朝食廃止”の一日2食だけ位しか実践していませんので、あまり私がこのテーマで語れる資格もないと思います。

また今この”西式健康法”を知っている人もほとんど おられないと思います。

また私個人的な解釈ですので、そうではない・・・というご指摘もあるかもしれません。

さて、”皮膚・食事・四肢(手足)・心”の健康の四大原則がありました。

”皮膚”は温冷浴と裸療法といのがありまして、温冷浴でいいますと、お風呂の時に水、お湯、水と 1分ずつ繰り返します。 初めが水で、それからお湯。 そして最後水です。 これを5回とか7回とか 合計は奇数回になりますが、繰り返します。
(裸療法・・・は省略させていただきます)

食事は 朝食抜きの1日2食。 そして根と葉と等量の野菜汁(ジュース)の摂取とかありました。

手足は、”脚力法”?という名前だったですかね?
上向きに寝て、足で 本などを入れた重しを何回も持ち上げる方法です。
いわゆる足のトレーニングかと・・・。

私は10代の初めの頃は やせていまして、なんとか太りたい(体重をつけたい)と思っていまして、そのためには、体を支える足を丈夫にしなければならない・・・と自分なりに学びました。

20代の頃は休日には 若さにまかせて 毎週のようにハイキングに行きましたね。

そして、”心”は、落ち着いた気持ち・・・。
”手当療法”という ヒーリングの 40分合掌正座法 なんかもありました。

私が10数年前に ヒーリング(私の場合は ”レイキヒーリング” にご縁があったようです)に出会うことになったのですが・・・。

それ以外で 平床硬枕 なんていうのもありました。
左右揺身(さゆうようしん)という運動もありました。

毛管運動。 金魚運動・・・というのもありましたね。

”金魚運動”は今でも 何社かから その運動をします機械が出ていますね。
私の若い時から 我が家に その機械がありました。 当時は値段も高かかったと思います。

いろいろありましたが、私が今取り入れていますのは、1日2食くらいですね。
また書かせていただきます。
ではまた。

尚、ご興味がありましたら、今でも西式の本はあるようです。
【送料無料】原本・西式健康読本ワイド版 [ 西勝造 ]

ラベル:西式健康法
posted by 白うさぎ at 19:53| Comment(0) | 私の健康法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

TOP